海外の毛糸と編み物グッズのオンラインストアchickadee(チカディー)のブログです。ショップは→こちら


1/23/2018

NORO「ことり」と「てんねん」のアフガン編みカウル

NORO「ことり」と「てんねん」で、アフガン編みのリバーシブルカウル完成。

あったかアルパカブレンドの「てんねん」を内側にすれば、あったか冬サイド、、、


風が温かく感じたら、コットンブレンドの「ことり」を内側に、春サイドいかがですか?

今回のステッチはアフガン編みのメリヤス編み (Tunisian Knit Stitch )

一見、棒編みのようですが、棒編みよりも厚みがあってふっくらです。

表は棒編みの表目のような編み地
編み目の隙間から裏糸がちらっと見えます。


裏は織物のよう。。。

色鮮やかな「ことり」も捨てがたいのですが、

ちょっと柔らかな印象に変わったこちらも なかなかです。

「裏」と呼ぶのはもったいないくらい。


簡単ですが、ご参考ください↓
------------------------

【出来上がりサイス】
周囲:77cm x 高さ:28cm

【使用糸・量】
A:「てんねん」カラーNo.30
B:「ことり」カラーNo.05
各2ボール使用

【使用針】
ダブルフックアフガン針 6mm
(糸の商品ページや、ラベルに記載されている針サイズよりも、太い針を使います。ゲージが合わない場合はサイズを変えてみて下さい。) 

【ゲージ】10cm=15目
------------------------

【パターン】

[ 作り目]
A糸で、鎖編みを115目、引抜編みで輪にします。

[ 1段め ]
プレーンアフガン編み ( Tunisian Simple Stitch )
(A糸で往き、B糸で戻ります)

[ 2段め以降 ]
アフガン編みのメリヤス編み
動画は「輪」ではなく、フラットな編地で編んでいます。
針を入れる位置や向きをご参考ください。

「輪」で編む場合:
針に「往き」の糸がいっぱいになったら、編地の向きを変え、裏地を見ながら、反対側のフックを使い、「戻り」を編みます。

針に3目くらい残ったら、また編地を表に返し、「往き」 を編みます。
これを繰り返し、「往き」と「戻り」で追っかけっこをするように、ぐるぐると編み上げます。

「輪」のつなぎ目は、引抜き編みをせず、周の最後の目を拾ったら、そのまま周の最初の目を拾い、ぐるぐると螺旋状に編みます。

周の始まりは、ステッチマーカー、または、編み始めの糸端を目印に。

高さ28cmくらいまで編みます。

[ 編み終わり ]
周の最後の目まで「往き」を編み、戻ります。
最後、針に1目残ったら、編地の向きを変え、周の最初の目に引抜編みをしてフィニッシュ。

編み始めと編み終わりの”くるくる”はそのままアクセントにしちゃいましょ。

------------------------

では、商品ページご案内。

手紡ぎ糸のような楽しさ
NORO「ことり



編むと優しい人になれそうな気がする
NORO[てんねん

針はこちら
「往き」がきつくなりがちな私は「往き」に6.5mm、「戻り」に6mmの針を付けました。



こちらも人気です
Susan Bates のダブルエンドフック



今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます。

0 件のコメント:

コメントを投稿