海外の毛糸と編み物グッズのオンラインストアchickadee(チカディー)のブログです。ショップは→こちら


6/19/2016

KniTrip Vol.2 茅ヶ崎西浜 at WWKIP Day リポート


2016年6月18日 茅ヶ崎西浜海岸にてKniTrip Vol.2を開催しました。



開催日6月18日はWorld Wide Knit in Public Day

「世界中のみんなで編み物しよう」

と2005年にDanielle Landesの呼びかけでスタートしたこのイベント、

多少の時差はあるものの、同じ日に、
地球の裏側でも同じように編み物会が開かれている、
なんて思うと、なんだかワクワクしませんか?

そんなわけで梅雨の最中ですが、開催日はこの日に決定。
 1週間前から天気予報とにらめっこでしたが、開催日当日は見事に晴れ!

晴れ過ぎて、30℃近い夏日となりましたが、
海風はひんやり優しく、テントの下は「浜編み会」には快適空間となりました。


 テントの中は参加者のみなさんが持ち寄った手編みのガーランドでカラフルに。



 ママは編み遊び、
パパとちびっこは海遊び♪



わからないことはわかる人が教えます。



 浜編みならではのスペシャルショット!




今回のKniTripで、おしゃべりしながら急きょ決定した楽しい企画

「テントの幌をみんなで編んじゃお~♪」 

KniTripに参加したら、ひと目以上編むのがノルマ(笑)

というわけで、即実行!

今日は10周のグラニースクエアが編めましたよ!

いつ編みあがるのかは”神のみぞ知る~”

最年少参加者Hちゃんも、ママに教えてもらいながら編んでくれました(^^)


参加してくれたみなさん、楽しい時間をありがとうございました。





6/16/2016

コンパクトな付替え輪針 Denise 2go!




アメリカ Denise社の Denise 2go!シリーズはとってもコンパクトな付替え輪針セット。
畳むとこんなに小さくなるので、ニットアウトやレッスンにとっても便利です。

今回は前記事でセーターを編んだときに「こんな使い方もできたヨ!」という例も一緒にご紹介します。

【編み始め】
針のサイズが定まらず、何度かゲージを編み直しましたが、道具の揃っていない場所にいても、バッグに入れておけば、すぐに針サイズやコードの長さを変えることができてとっても便利です。
編みたいときに編めて、モチベーションが下がりません。


【編み途中】
付属のジョイントパーツを使えば、編み途中のコード延長なども楽々です。


【工夫次第で】
今回のプロジェクトでは、途中で袖の目を休めます。
短いコードをステッチホルダーとして代用したところ、とっても使いやすくてびっくり!

↓まず短いコードに別針とエンドストッパーをつけて袖の分だけ目を拾います。



 ↓全部拾ったら、針を外して、こちら側にもエンドストッパーを。


ボディーを編み終え、また袖の目を拾うときに片方を針に付替え、編む針に移します。

ステッチホルダーやヤーンニードルよりも目を拾うのがスムーズですよ。

針の付替えはとっても簡単。
詳細ページ、お買いものはこちらです


Denise 2go! for Knitting


ケース柄違い、6本セットやアフガン針のセット、別売りパーツもご用意してます。


Denise Interchangeable一覧ページ





Shawl in a Ball のトップダウンセーター






Lion Brand "Shawl in a Ball"で、シンプルなラグランショルダーのセーターを編んでみました。


"Shawl in a Ball"は一見モヘアのようなルックスですが、コットンとアクリルのMIX糸。

白いコットンスラブが キレイなグラデーションに涼しげなアクセントを加えています。




今回は糸の風合いを生かして、太い針でざっくりと、ラフな感じに編んでみました。

編み上がりは軽く、小さくまとまるので夏の冷房対策にも良さそうです。


編み方は、とじはぎ無しのTop-Down Knitting(トップダウン・ネックダウン)

ネックから、輪編みでぐるぐると、増し目をしながら脇の下まで編み、

両袖を休めて、ボディーを裾までぐるぐるぐる~っと編みます。

そのあと袖に糸を繋いで、片方ずつ またぐるぐる~っと。

ネックと袖、ボディーの裾にリブ編みはせず、ルーズな感じにしました。

気になるかたはアレンジしてください。


【出来上がり寸法】

バスト約80cm/着丈53cm

平置きで自然な状態での寸法です。

縦横に伸縮しますので、一般的なレディースS・M・Lフリーサイズといった感じです。

【マテリアル】

Shawl in a Ball 2ボール


【ツール】

・輪針 24"(60cm) 8mm

・4本針 8mm
(袖用です。輪針でマジックループ式で編む場合は不要です)

・リングマーカー 4個

・袖用ステッチホルダー(ほつれ止め)2本
(余り糸でも代用できます)

・とじ針


【ゲージ】

・10cmスクエア=13目x19段
(合わない場合は針サイズを変えてみてください)


【パターンNOTE】

・「、」コンマまでを一つの動作とし、書いてある順に編んでみてください。

・「増し目」=2目編みだしの増し目(kfb)

【パターン】

ボディと袖の色を考慮したい場合は編む前に糸を3つに分けておきます。袖片方は25gくらいです。

[ボディ(ネックから脇の下まで)]

作り目80目編んで輪を作ります。

1周め:*表編み29、マーカー、表編み11、マーカー、

*をもう1度繰り返す。



2周め:最初の目に増し目、*表編みをマーカーの1つ手前まで、次の目(マーカーの手前の一目)に増し目、次の目(マーカーの次の目)に増し目、*を周の最後まで繰り返す

目数はマーカーを境に31・13・31・13(合計88目)になります。目数の多いほうが身ごろ、少ないほうが袖になっていきます。

3周め:すべて表編み

4周め:すべて表編み

5周め~46周め:2周め~4周めを繰り返す。

増し目の周ごとに8目ずつ増えていきます。最後の周の目数はマーカーを境に59、41、59、41(合計200目)になります。


[ボディーから裾まで]

1周目:*表編みを次のマーカーまで、次のマーカーまでの目をステッチホルダーへ移す、

*をもう1度繰り返す。

2周めから最後まで:輪にして表編みを30cm位

ルーズに伏せどめ


[袖]

ステッチホルダーに休めた目を針に移します。

1周目:右の針でボディの目を一目すくって左の針にかける、

(脇の下のブランク(穴)をふさぐ為です) ↓


新しい糸で今すくった目を表2目一度、

表編みを最後まで

2周目めから最後まで:輪にして表編みを15cmくらい

ルーズに伏せ止め。

もう片方の袖も同様に。

糸始末をして 完成です!


商品のご紹介

Shawl in a Ball


道具はこちらを使いました。
コンパクトな付け替え針セットDenise to go

今回のプロジェクトで便利に使えたご使用例→こちら





Chiao goo Ring Marker Set


Susan Bates Yarn Needle Set




今回も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

追記2016/06/19
モデルさん着画です


















---------------
リンク・シェア大歓迎
(商用利用はご遠慮ください)
---------------