海外の毛糸と編み物グッズのオンラインストアchickadee(チカディー)のブログです。ショップは→こちら


8/02/2016

Bernat Cotton-ishでスニーカーソックス



BernatブランドCotton-ishでスニーカーソックスを編んでみました。

Cotton-ishはいわゆる「ソックヤーン」ではありません。

ウエイト(太さ)はソックヤーンよりも太め、中細~合太の中間くらい、
マテリアルはコットン55%、アクリル45%です。

アクリルがナイロンと同じような役割を果たしてくれていて、
お洗濯の際の縮みや色落ちを防いでくれます。

なにしろ肌触りが気持ちよいので、いつかソックスを編んでやろうとたくらんでおりました。

今回のポイントは「はき口」

足首を締め付ずゆるゆるに、
自分の足に合わせて編めれば、靴にも喰われにくいですヨ


↑こだわりの「きわきわチラリ」
手編みならではのオートクチュールですネ♪

履いた感じは、市販のソックスや手編みウールソックスとは一味違い、
ほんのり暖かいけどサラリ、、、ちょっと病みつきになりそうです。


【フィットサイズ】23.5cm
必要箇所で目数や周数を変更して、サイズを調整してみてください。

【毛糸・使用量】
Bernat Cotton-ish 2カラー各1ボール
(2ボールで配色変え、3足できました)

【ツール】
または 40"Circular 2.75mm
(毛糸のラベルに書いてある指定針よりも細めです)

・とじ針

【ゲージ】5cm=15目
(合わない場合は針サイズを変えてみてください)


【パターン】

つま先→かかと→はき口へと編み進みます。

かかとが終わるところまで、目数以外はコチラをご参考ください。
(編み込みもスルーしてください)

目数こちらご参考ください。

つま先からかかとまで↓


かかと終了から最後まで↓

↑はき口に浅いかかとをもう一回編むような感じです。

伏せ止めは、表は表で編み、裏は裏で編んでかぶせます。
きつくならないように気を付けます。

最後は糸をはき口の周囲3倍くらいの長さ残し、切ります。

靴下を裏返し、はき口を下の写真のように折り返し、残した糸ではぎます。



↓①ちょうど1目ゴム編みをスタートした周の目(裏から見て表編み目)を1目(糸2本)拾います。

②次は伏せ止めをしたすぐ下の目(表から見て表編み目)を1目(糸2本)すくいます。

同様に隣の目も。①~②を繰り返し、最後まで。

【商品のご案内です】

Cotton-ishは只今15色。
お気に入りのスニーカーにあわせてお選びください。
(お色によっては在庫限りです。お早目にぜひ)


針先ご定評のChiao Goo RED LACEはすべり良いステンレス針

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

























リンク歓迎!ご自由にどうぞ。

================================
パターンの商用利用はご遠慮ください
================================


0 件のコメント:

コメントを投稿