海外の毛糸と編み物グッズのオンラインストアchickadee(チカディー)のブログです。ショップは→こちら


1/13/2018

ロービングヤーン Kaleidoscope と Sheep-ish をソフトフェルティング



チカディー人気のロービングヤーン
Kaleidoscope(カレイドスコープ・写真上)とSheep-ish(シーピッシュ・写真下)

「ロービングヤーン」は1本の繊維を緩くねじっただけの糸、空気を含みふんわり暖かです。

初めて編むかたは糸が割れやすく戸惑うかたもいらっしゃるかもしれませんが、慣れればその編み心地が病みつきに、というかたも多いのでは?

そんなロービングヤーン、編んだら糸の状態のふわふわ感が無くなってしまった。。。
なんていう時は、編み上がりに「軽く」縮絨させることをおすすめします。

縮絨というと、お湯を使ったり、アルカリ性の洗剤を使って、編地を縮ませ、フェルト化させる、そんなイメージかもしれませんが、実は段階も色々。

今回ご紹介するのは編み上がりにさっと水通し程度の「ソフトフェルティング」

編地の表面だけを起毛させるイメージで、編地のサイズはほぼそのまま。
糸の状態よりもふんわり、肌ざわりも柔らかになりますよ。



「ソフトフェルティング」のポイント
---------------------------
・ごくごく低温のぬるま湯を使う

冬は冷たい水が堪えますね。
でも、 水温はできるだけ低い温度のほうが羊毛などは脱脂せず、縮みが少なく済みます。
私は「水から初めて、湯沸かし器のお湯を混ぜてゆき、手を浸けてぎりぎり我慢できるくらいの温度」を目安にしています。この時期に気持ちいいいくらいの温かさはちょっと高すぎかな?

・ウール専用の洗剤を少な目に使う。柔軟剤はお好みで。

・浸け置きはせず、水に浸けてから、干すまでの時間はできるだけ短く。
まとめ洗いよりも単品で洗うことをお勧めします。
---------------------------

手順
1・作品が泳ぐくらいの洗面器やたらいに水を入れます。

2・洗剤を入れてよく混ぜます。
編み上がりは、そんなに汚れてないので表示の適量より少な目の量で大丈夫。 
柔軟剤のみでもOKです。

3・ 作品を浸したら、水の中で泳がせながら、編地は広げた状態で、軽く編地を撫でます。
ゴシゴシせず、ごく軽い力で優しく、
ぐるぐる回さず、縦・横一定方向に、水の中で起毛させるイメージです。

4・ きれいな水ですすぎます。

5・編地はねじらず、軽く握って水を押し出し、洗濯用ネットに入れ、洗濯機の脱水のみ、10秒くらい。

6・水気が多いようならタオルドライをしてから形を整え、平干しし、しっかり乾かします。

その後の普段のお洗濯は、水温などの条件は同様に、「押し洗い」
やはり 水に浸けてから乾燥までは、できるだけ短時間で。

--------------------------

はい、ふわふわ柔らかです~

カレイドスコープは100%ウールなので、ちょっと縮みましたが、縦、横5mm程度でした。↑
そして、編み上がり時よりも暖かです。


一方、アクリル70%、ウール30%の「シーピッシュ」はほぼ縮まず、表面だけがふわふわに。
ふわふわの奥には元々持つ艶感も残って、これもまたステキ ↓



さて、皆さんはどちらがお好み?

では、商品ページのご案内です。
100%ウール・グラデーションロービング


 コケティッシュなブレンドウールロービングヤーン

*在庫限り終了です






今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。













1/06/2018

Wool Worsted と Kaleidoscope で パングハット


Wool Worsted と Kaleidoscope で”パングハット”を編んでみました。

”パングハット”は、カナダ北部イヌイットが住む小さな町”パングナータング”に伝わるかぎ編みの帽子。

ウールできっちりと編まれた帽子は、昔はハンターの防寒具として被られていたそうで、
なるほど、とっても暖かいのであります。

今ではツーリストに人気のお土産品だそうです。

:BOTTING NET

おじさん、かわいいです。


資料が少ないのですが、ポイントをまとめてみました。

・素材: 並太ウールを細い細編みで。

・シェイプ: トップは少しだけとんがり気味。大きめのタッセル。

・模様: 折り返しの編み込み模様はジグザグや三角、四角の連続模様など。 

ちょっとアレンジを加えましたが、今回のジャーナルです。

今回、配色糸には、1玉で数色のグラデーションが現れるKaleidoscope-カレイドスコープを使いました。

少しずつ変わるカラーや、Wool Worsted との素材感の違いも楽しめましたヨ。




【使用量】Wool Worsted 2ボール、Kaleidoscope 1ボール
【針サイズ】3.5mm(US E4 / 日本6号)←標準サイズより細い針を使います

模様以外のパターンはこちらをお借りしました。

ちょっと解説

[ トップ~ ]
細編み10目の「わ」の作り目からスタートし、2周に1度、10目ずつ増やしていきます。

周の終わりは「引抜編み+立ち上げ」をしません。
そのまま細編みで、ぐるぐると渦を巻くように編んでいきますので、編み始めや編み終わり、自分の分かり易い所にマーカーを付けましょう。

1周め:作り目で編んだ細編みの各目に細編みを2目ずつ編みます(周を編み終えた時の合計は20目)

2周め:増し目なし。

3周め:2目に1回、増し目をします。(合計30目)

4周め:増し目なし。

5周め:3目に1回、増し目をします(合計40目)



このマナーで、合計130目まで増やします。
パターン通りに編むと、増し目の位置が縦に並ぶので、「円」ではなく、「10角形」になります。

Joel さんの模様パターン#4か#6を使いたい場合は、128目にする必要がありますので、2目減らします。

*指定のテンションは「1インチ(約2.5cm)=6目」となっていますが、 私は少し大きくなってしまったのと、自分の頭のサイズに合わせて120目で止めました。

増し目が終わったら、あとはひたすら真っ直ぐに、耳が隠れるくらいまで編みます。


[ 折り返し/模様編み]

耳が隠れるくらいまで編んだら、編地の向きを変えます。
ここでもやはり「マーカーしてね」とありますね。

まずベースカラーだけで2周編みます。

編み込み模様を編みます。
*私は目数を変えてしまったため、模様は方眼紙に色を塗って自作しました。

最後にベースカラーで2周編みます。

折り返しのラインに引抜編みします。
*私はこれをせず、最後の2周を、また編地の向きを変えて細編みしただけ。

[ 仕上げ ]
コードとタッセルを作って取り付けます。
コードは Monk’s cord,(モンクスコード)crochet chain(鎖編み), braid(ブレード)、など。
とあります。

*モンクスコード、、、気になりますが、私は三つ編みしただけ。

なんとか完成。

色んな色で編んでみたくなります。皆さんも是非。
ディスコライト&チャコール



カンフェティ&レッド



 ウエットランド&ブランチ

商品ページのご案内です。

素朴な素材感がPangにちょうどいいベーシック並太ウール


その名の通り、ずっと見ていたくなる「万華鏡」のようなカラーグラデーション


今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


10/11/2017

Red Heart リフレクティブでパンプキン&ゴースト

Red Heart "のユニークヤーン"Reflective"(リフレクティブ)で、かぼちゃを編んでみました。

「みかん」と言われれば「みかん」ですね.

お正月飾りにも使えますね、はい。


今回は顔を刺繍して、おばけも一緒に繋げてガーランドにしてみました。

ほら、かぼちゃ。


 リフレクトヤーンは「光を反射する」素材。

暗い場所でライトを当てると、そのライトの光を反射して、光っているように見えます。

携帯のフラッシュで撮影すると、こんな風に写ります。↓


怪しげです。


テキストパターンですが、よろしければ。↓

=========================================

★リフレクティブ・パンプキン

【出来上がりサイズ】みかんサイズ

【マテリアル】
・Red Heart Reflective(レッドハート・リフレクティブ) 
ネオンオレンジ、ネオングリーン
*1ボールで7個くらいできます。

・黒い毛糸(少量・顔の刺繍用)

【ツール】コード60cm以上の輪針をマジックループで、または、ダブルポイント針(4本)
サイズ:5mm(US 8 / 日本9号くらい)

【マップ】
輪編みで、柄から編み始め、そのまま色を変えて実を編みます。途中で顔を刺繍して下を閉じます。

【ステッチガイド】
・表編みの増し目=2目の表編み出し増し目(KFB

・裏編みの増し目=2目の裏編み出し増し目(PFB

・裏編みの減らし目=裏2目一度(P2TOG

・表編みの減らし目=表2目一度(K2TOG

*カッコ内リンク先ビデオをご参照ください。

【パターン】

:柄:
グリーンで、作り目4目編んで輪にします。
[1周め]~[5周め] 全て表編み

:実:
[1周目]  オレンジに変えて、全ての目を表編みの増し目(8)
*(カッコ内の数字は、その周を編み終えた時の目数です)

[2周め] 表編みの増し目1、裏編みの増し目1、、、、を最後まで繰り返す(16)

[3周め] 表編みの増し目1、裏編み1、、、、を最後まで繰り返す(24)

[4周め] 表編みの増し目1、裏編み2、、、を最後まで(32)

[5周め] 表編み1、裏編み3、、、、を最後まで

[6周め] 表編みの増し目1、裏編み3、、、を最後まで(40)

[7~12周め] 表編み1、裏編み4、、、を最後まで

[13周め] 表編み1、裏編みの減らし目1、裏編み2、、、を最後まで(32)

[14周め] 表編み1、裏編みの減らし目1、裏編み1、、、を最後まで(24)

[15周め] 表編み1、裏編みの減らし目1、、、を最後まで(16)

*この辺りで刺繍や柄の糸始末をしておきます。

[16周め] 表編みの減らし目1、裏の減らし目1、、、を最後まで(8)

余り糸をひと目ずつ通して絞り、糸始末して、完成!

-----------------------------
★リフレクティブ・ゴースト


【マテリアル】
・Red Heart Reflective(レッドハート・リフレクティブ) 
ネオングリーン
*かぼちゃの残りで7個くらい編めます。

・黒い毛糸(少量・顔の刺繍用)

【ツール】コード60cm以上の輪針をマジックループで、または、ダブルポイント針(4本)
サイズ:5mm(US 8 / 日本9号くらい)

【マップ】
輪編みで、頭のてっぺんから、フリルの裾まで編みます。

【ステッチガイド】

・ねじり目の増し目(表)(M1

・2目の編み出し増し目(表)(KFB)

【パターン】
作り目4目編んで、輪にします。

[1周め] 全て表編み

[2周め] ねじり増し目1、表編み1、、、最後まで繰り返し(8)

[3周め] 全て表編み

[4周め] 2周めと同じ(16)

[5周め~] 全て表編み
*バランスを見て、適当な長さまで編みます。

:裾フレア:
[1周め] 全ての目を2目の編み出し増し目、、、、(32)

[ 2周め] 2目の編み出し増し目、表編み1、、、最後まで(48)

・伏せ止め、顔の刺繍、糸始末→完成!

=========================================

商品のご案内です。

ピカ~リ☆楽しい


針はこちらを使いました。




ダブルポイント派なら



今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

Happy Halloween with Yarn !


関連記事

Thanks: Knitting Help.com




---------------
シェア歓迎
パターンの商用利用はご遠慮ください
---------------

6/09/2017

Cotton Fair でルーズソックスNeo



「ソックヤーン」で編むだけがソックニッティング?

2017年初夏の新着"Cotton Fair"でルーズなソックス編んでみました。

"Cotton Fair"は中細ブレンドコットンヤーン。

キャンバススニーカーにも違和感なく、よりラフでカジュアル感のあるソックスに仕上がりました。

今回のデザインは、あの「ルーズソックス」を控え目にアレンジ。

と言っても大ブームの頃、私はとっくに高校を卒業(笑)

というわけで、当時現役JKだったニッターさんにモデル&モニターをお願いしたところ、

「履き心地いい!」のお墨付きを頂きました。

名付けて「ルーズソックスNeo」!


 ハイカットも


人気のビルケンEVAシリーズにも



=================

【使用量】Cotton Fair 1ボール

【針サイズ】3.25mm

【ゲージ】10cm=26目
(合わない場合は針サイズを変えてみてください)

【マップ】
つま先から~かかと(Short Row Heel)~履き口へと進みます
*かかとまでの各編み方はこちらのitosakuさんビデオをご参考ください。

【ご参考目数】(フィットサイズは23~24cmくらい)
【ポイント】
★leg(レッグ:2目ゴム編み)の編み始めの増し目

最後に残ったかかとのラップを外します。
その周はすべて表編み。
次の周の 針にかかった最初のひと目を表編み、次の目で 増し目をします。
増し目の方法はkfb(表編みをし、そのまま針から目を外さずにねじり目をする方法)

次の目は裏編み、次の目から表、表、裏、裏、と2目ゴム編みで、ソックス前面を編みます。

かかと側も同様に、1目めは表、次の目で増し目、裏1目、表、表、裏、裏、、、
次の周からは、増減なし、ひたすら2目ゴム編み、30cmくらい編みます。

・履き口はとじ針を使い、2目ゴム編み止め。 
ここもできるだけルーズなほうがかわいいですヨ

============================================================================

では、商品のご案内です。

指ざわりさらり、編めばふっくらオールシーズンおすすめブレンドコットン





 単色でラインソックスもダサ可愛くておしゃれ~



針はこちらを使いました。



おまけ
==========================================
きわきわチラリのローカットもなかなかよい履き心地








今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございます。







5/23/2017

Maker Home Decでアフガン編みのミニラグ



BERNAT Maker Home Dec で、「リバーシブル・チュニジアンクロシェ」(アフガン編み)のミニラグを編んでみました。


遠目で見るとこんな感じ

逆サイドは

表裏なく、まさにリバーシブルで使えます。

Maker Home Dec は、チューブ状のコットンにナイロン綿が入った編みやすいファブリックヤーン。

肌ざわりよく、クッション性もあります。

こんな凹凸のある編地は、敷いたり掛けたり、夏のホームデコールにおすすめ。

大きく編んで、ビーチやピクニックにも気持ちよさそうですね。


ペットにもー♪


プロジェクトジャーナルです。↓
【出来上がり寸法】70cm x 70cm

【使用量】Maker Home Dec 2ボール(単色、マルチ各1ボール)

【ツール】
Denise2goアフガン針セットより
8mm針、9mm針、9"コード、14"コード、エクステンダー




今回、参考にさせて頂いたのは、こちらです。↓Thank you Oana!



徐々にリバーシブルが現れ、編み進めるのがとっても楽しかったですよ。


【ポイント】

・作り目は鎖編み100目でスタートしました。

・色替えの最初、ビデオでは鎖編みをひと目編んでますが、編まずに針に糸をかけるだけでも大丈夫です。

・行きの目を拾うとき、最後のひと目を見落としがち。
全部拾い終えたら、コード(針)には100目かかっていることを確認しましょう。

・最後は単色で終わらせ、引抜編みでバインドオフ。

そのままでもよいですが、今回は左右の編み端をひと目ずつ拾って細編みしました。

*************************


商品のご案内です!



只今単色8、マルチ8カラー
BERNAT Maker Home Dec


在庫限りとなりました!
Denise2go 付替えアフガン針セット

一覧ページ





今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

関連記事
-------------------